情報 : 体内時計に合わせた朝の過ごし方
 投稿日時: 2014-09-09 (1935 ヒット)
情報
朝のウォーキングやジョギングも、体内時計をリセットして、1日を快調にスタートするのに
効果的です。
ただし、朝の運動はトレーニングというより、気持ちよさを優先しましょう。
実は運動の能力が発揮されるのにも1日のリズムがあり、一番高まるのは起きてから約10時間
後、つまり夕方から夜にかけてといわれています。
朝起きてしばらくは筋肉が硬く、そのまま動いても疲れが残りやすくなります。
そのため、朝の運動は朝日を浴びることとセットで行うのがいちばん外に出てお散歩をしたり、
ゆっくりジョギングしたりするのがいいでしょう。

カーテンを開けて、ラジオ体操やストレッチを行うのもおすすめです。
膝の屈伸運動だけでも、関節や筋肉が刺激されるので体内時計のリセットに役立ちますよ。
さらに、朝の目覚めが悪い、食欲がない、体操をしたり身だしなみを整えたりする気力がない、
という人は、体内時計が乱れている可能性があります。
上記の方法のどれかひとつでも、チャレンジしてみてください‼。